腰痛の種類|みんなが悩む腰痛の改善方法や原因を徹底解説

腰痛の種類

腰

ぎっくり腰

腰痛の種類はいくつかありますが、そのうちの1つがぎっくり腰です。ぎっくり腰になる原因は様々でくしゃみをしてなる場合もあれば寝起きなどでなる場合もあります。ぎっくり腰は重度になると咳をするだけで腰に痛みが走ることもあります。

椎間板ヘルニア

この椎間板ヘルニアは腰痛の種類の中でも治るのが遅い傾向にあります。椎間板ヘルニアは椎間板といわれる部分に亀裂などが入ることで起こり慢性的な痛みが続きます。よく体を動かす方や、逆に長時間同じ姿勢で仕事をする人が引き起こしやすい傾向にあります。改善方法にはリハビリや筋トレなどが挙げられます。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、お年寄りや元々脊柱管が狭い人に起こりやすい病気です。加齢で脊柱が狭くなりそれが原因で神経や血管が圧迫され痛みが出始めます。

脊椎すべり症

この脊椎すべり症は成長期の子どもがよく引き起こす腰痛の種類です。特にスポーツをしていると起こりやすく、スポーツ障害といわれている病気です。負荷がかかる運動を毎日していると、椎骨がその負荷に耐えられず限界がくるとずれてしまいます。そのズレが痛みの原因になり、運動ができない程になります。

予防と対策をしっかりする

これらの腰痛を起こさないためにも、予防と対策をしっかりするようにしましょう。例えば身体に負担がかかりすぎたら、ゆっくり身体を休ませたり、ちょっとでも腰に違和感があったら病院に行くなどの行動が大切になります。

広告募集中